経費削減 コストダウン コスト削減
経費削減 コストダウン コスト削減
エース会計事務所 公認会計士・税理士 会社設立道場 東京都中央区

TOP
コストダウン論
経費削減事例方法
提案メール
 コストダウンニュース
経費削減セミナー
コンサルティング
企業再生コンサルティング
推薦書籍
相互リンク募集中
緑の葉っぱ 経費削減 コストダウン コスト削減
 山田咲道とは…
ごあいさつ
プロフィール
エース会計事務所 公認会計士・税理士 会社設立道場 東京都中央区
会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 東京都中央区
  経費削減 コストダウン 事例方法

Google
サイト内検索
Web http://www.supercostdown.info

★★★19 儲かる振込手数料削減術


知恵(Intelligence) まずは、考え方を知りましょう。

 経費削減・コストダウン術を提案したい方は、こちら

 ■振込手数料を差引きして、振り込むとコストダウン

 仕入代や経費の支払いは、銀行振込で行われることが、多くなっています。振込は、最高840円の手数料が必要です。この振込料は、支払先の負担として、振込金額から差し引くのが原則です。

 その理由は、本来代金の回収は、請求先が来るなどして、コストを負担するべきだからです。行く代りに、振り込んで貰うのだから、振込手数料を差し引くのが当たり前という理由です。

 ■実際いくら下がるんですか。

 年間300件の振込手数料を、差し引きした場合

 300件 × 840円 = 25万2千円(年コストダウン額)

 ■実際の手数料額を差引くのですか。

 銀行の振込手数料は、ATMや窓口、電信か文信、金額や取扱い銀行によって、金額が異なります。一番安い金額の振込手段を採用するのが、合理的な企業行動です。

 しかし、このまちまちの振込手数料を区分して、それぞれの振込額から差し引くのは、繁雑です。また、振込手数料を安くするのは、その企業自信の努力によるものですから、原則的に通常の窓口での振込金額840円を、差し引くべきです。

 この結果、840円から実際の手数料の差引き分が、儲かることになります。

 ■新生銀行の活用

 「‥‥‥16」の新生銀行の個人向けのサービスPowerFlexを利用することにより、振込手数料を0円にすることができます。つまり振込手数料の差引き分が、まるまる儲かります。

 ■なんでも差し引かないで下さい。

 代金請求金額が、たった2千円なのに、明らかに実際にかからない840円の振り込み手数料を差し引くのは、トラブルの原因になります。少額の振込の場合は、差し引く手数料を、少なくしましょう。

 こちらから仕事をお願いしてやって貰っている場合は、代金もこちらから持参すべきです。このような場合も、振込手数料を差し引いては、なりません。

 TPOを良く考えて、差し引く金額を決める必要があります。


情報(Information) 優良業者を利用して、実際にコストダウンしましょう。

 経費削減・コストダウン商材の提案・優良業者に立候補したい方は、こちら
 ★は、我々の独自の基準でつけています。掲載基準は、こちら

 新生銀行PowerFlexは、こちらのホームページから、申し込むことができます。




経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドッドインフォ
株式会社エースコンサルティング
〒104-0028 東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL: 03-3516-8942 FAX: 03-3516-8945
お問い合わせはこちら  >> ace@supercostdown.info
URL http://www.supercostdown.info/