経費削減 コストダウン コスト削減
経費削減 コストダウン コスト削減
経理アウトソーシング・経理代行・記帳代行のエース会計事務所

TOP
コストダウン論
経費削減事例方法
提案メール
 コストダウンニュース
経費削減セミナー
コンサルティング
企業再生コンサルティング
推薦書籍
相互リンク募集中
緑の葉っぱ 経費削減 コストダウン コスト削減
 山田咲道とは…
ごあいさつ
プロフィール
エース会計事務所 公認会計士・税理士 会社設立道場 東京都中央区
会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 東京都中央区
 経費削減 コストダウン論

Google
サイト内検索
Web http://www.supercostdown.info

★★★51 アウトソーシング先をうまく仕切る

完ぺきな仕様書があれば、仕切りは成功

 アウトソーシングをする際の問題は、まず検収(検査)、次に原価管理、第三に仕切りがあります。いかに仕切るか。そのためには、うまく情報を伝達するにはどうするかを考えなければいけません。

 専門業者を呼んで打ち合わせをするときに、依頼する仕事について口頭で説明する人がいますが、必ず文書にしなければいけません。なぜかといえば、頼んだ専門業者が外注することもよくあるからです。

 要するに、うまい仕切りとは、外注にわかりやすく、正確な仕様書を書くことができること。曖昧ではない、いい仕様書を書く企業とは、つき合いたい外注先がたくさん現れます。その中から最善の外注先とつき合えるのです。

 外注先から見て、最悪なのが「お任せします」といって、納品後に文句をいい、何度も修正させる会社です。仕事ができる専門業者は、発注先を選ぶことができます。二度とつき合うことはないでしょう。

 きちんとした仕様書があれば、それさえ守ればいいわけですから、時間を計算することができます。さらに、仕様書を書かなくても「あうんの呼吸」で対応できる外注先がいれば、発注側もコストダウンになります。

専門知識がなく、依頼するのは無謀

 完成後に修正が簡単にできないものもあります。代表的なのが建築物です。たとえば、マンションの大規模修繕工事を考えてみましょう。修繕工事は、工務店に合見積をとる方法と、設計事務所に設計図を依頼し、それをもとに工務店に合見積をとる方法の2つがあります。

 多くの人は、工務店の人をマンションに連れてきて、「だいたいやってよ」と依頼します。工務店に最初から任せると、何の修繕を行うのかわからないまま、合見積して、見積額だけで業者を決めると、その後も曖昧なまま、施工が進みます。設計と施工を同一業者が行うと、施工のチェックが甘くなり、欠陥工事の温床といわれています。

 マンションの管理組合の役員に建設業界の人がいれば別ですが、専門知識がないまま工務店に任せるのは無謀です。足元を見られて、手抜きされても仕方ありません。

 本来であれば、何を修繕するかを設計事務所と事前に決めて、設計図を依頼し、それを元に工務店に合見積をとります。設計事務所といっしょに見積もりの内容を調べていけば、適正な基準で工事費を比較、選定でき、きちんとした仕様書や契約書などの書類もできます。

 実際に施工するのは工務店の職人であり、きちんとした仕様書がないと現場が混乱します。また信頼できる設計事務所であれば、その後の管理体制が甘くなることもありません。





経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドッドインフォ
株式会社エースコンサルティング
〒104-0028 東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL: 03-3516-8942 FAX: 03-3516-8945
お問い合わせはこちら  >> ace@supercostdown.info
URL http://www.supercostdown.info/