経費削減 コストダウン コスト削減
経費削減 コストダウン コスト削減
エース会計事務所 公認会計士・税理士 会社設立道場 東京都中央区

TOP
コストダウン論
経費削減事例方法
提案メール
 コストダウンニュース
経費削減セミナー
コンサルティング
企業再生コンサルティング
推薦書籍
相互リンク募集中
緑の葉っぱ 経費削減 コストダウン コスト削減
 山田咲道とは…
ごあいさつ
プロフィール
エース会計事務所 公認会計士・税理士 会社設立道場 東京都中央区
会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 東京都中央区
  経費削減 コストダウン論

Google
サイト内検索
Web http://www.supercostdown.info

★★★36 リースとは終わることのないファイナンス

お手軽リースの落とし穴

 現金でモノを購入するのが一番ですが、会社にキャッシュがなければ、借入かリースに頼らざるをえません。今回は、リースを使うことがコストダウンになるかどうかを考えてみましょう。

 リースの代表格といえば自動車ですが、ビジネスよりも趣味的な使い方で普及しているといえます。リースとは賃貸借取引を意味しますが、会社のために利用するリースは、ファイナンスリースです。必要とする設備や機器をリース会社に購入してもらい、賃貸するシステム。つまり、購入金額の融資と同じです。しかも、リースの金利は高いのが特徴です。

 リースの利点として挙げられているのは、次の6点です。

(1)まとまった資金の必要がなく、手持ちの資金を運転資金などに活用できる
(2)月々のリース料は経費として損金処理できる
(3)銀行の借入枠は手つかずに残すことができる
(4)減価償却や固定資産税納付、損害保険の支払いなどの事務処理が省ける
(5)常に新機種を利用できることにより、設備の陳腐化が防止できる
(6)銀行の融資ほど査定が厳しくない

 リースは、レンタルと違います。もう使わないからと言って、リース資産を返して、リース料を払わないことは、できません。結局リース満了まで、使っても使わなくても、リース料を支払わなければ、なりません。

一生かかっても、使い倒せない

 100万円の機械を物件価格×2%のリース料で、5年リースをすると次のようになります。

 総リース% 2%×12カ月×5年=120%
 総支払額  100万円×120%=120万円

 現金で購入するより20万円も高くなり、100万円で購入した場合の2割増になります。5年間のリース期間満了後、そのまま使いたければ再リースになり、1年単位で契約を更新します。6年目は月0.5%×12カ月=6%、7年目は3%、8年目は2%、9年目は1%ぐらいです。

 本来なら、5年の減価償却後は固定費ゼロで使い倒せるのに、リースではさらに費用を負担しなければいけません。それでは、なぜ多くの会社はリースを使うのでしょうか。キャッシュがないからです。

 キャッシュがなければ、借入とリースに頼るしかありません。2つとも審査があります。借入のほうが金利が安いから、当然審査が難しい。借入ができないから、リースに入らざるをえないのです。

 コストダウンの基本はキャッシュで買うこと。「現金で買うから、安くして」と交渉ができます。ムリしてでも現金で買うほうが、コストダウンになります。次は借入です。安易にリースに手を出してはいけません。リースをした時点で、会社の勝敗はついています。リースを使い続けている限り、儲かりません。





経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドッドインフォ
株式会社エースコンサルティング
〒104-0028 東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL: 03-3516-8942 FAX: 03-3516-8945
お問い合わせはこちら  >> ace@supercostdown.info
URL http://www.supercostdown.info/