経費削減 コストダウン コスト削減
経費削減 コストダウン コスト削減
エース会計事務所 公認会計士・税理士 会社設立道場 東京都中央区

TOP
コストダウン論
経費削減事例方法
提案メール
 コストダウンニュース
経費削減セミナー
コンサルティング
企業再生コンサルティング
推薦書籍
相互リンク募集中
緑の葉っぱ 経費削減 コストダウン コスト削減
 山田咲道とは…
ごあいさつ
プロフィール
エース会計事務所 公認会計士・税理士 会社設立道場 東京都中央区
会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 東京都中央区
  経費削減 コストダウン論

Google
サイト内検索
Web http://www.supercostdown.info

‥‥‥32 モノ、ヒトを使い倒す秘訣

トラックを徹底的に使う方法は2つ − 操業度アップ

 運送業者が儲けるために使い倒すモノといえば、トラックです。いかに1台のトラックで利益を稼ぐか――。そのために徹底的にトラックの使い倒し方を考える必要があります。

 まずは配送方法です。1日5回配送しようが、片道半日かかろうが、トラック1台の原価に変わりはありません。配送回数、配送荷物を増やせば増やすほど利益は上がります。ルートや稼働率を計算することによって、固定費であるトラックを使い倒すことができます。

 次に、使用可能年数です。トラックの耐用年数、減価償却ともには4〜5年ですが、使用可能年数は10年近くあります。トラックを5年間で廃車にするのか、10年間、目一杯使う状態で維持するか――。5年で廃車にしたら、10年使った場合と比べて、倍のコストがかかります。

 ただし、トラックは故障することがあります。途中でトラックが故障して、時間内に荷物を届けることができなかったら、信用を失います。最悪なのは事故を起こすこと。10年間使うためには、きちんとメンテナンスをしなければなりません。

 常時最良の状態に保つため、法定点検に加え、スケジュール点検を実施する方法もありますが、トラックを長持ちさせる簡単な方法は、トラックの負荷の軽減させること。最大積載量に積んだり、過積載をしたりすると、エンジンに負荷がかかり、トラックが傷みやすくなります。

 たとえば、2tトラックに2.5tの荷を積むと過積載なので負担がかかり、長持ちさせることができません。4tトラックに2.5tなら、過積載ではないから、10年は使える可能性が大きくなります。

 2tと4tでは積載量は2倍ですが、トラックの価格差は1.3倍程度しかありません。2tも4tもトラックは同じ固定費です。使い倒すためには、どちらを選んだほうがいいのでしょうか。答えは簡単なのに、どうしても目先の支出にとらわれてしまいがちです。

 重要なのは、いかに使い倒すことです。何回使うのか、どうやって維持するのかを追求しなければなりません。

 会社の業務能力、将来の営業展開を計算して、設備投資することが、効率的な使い倒しの条件となります。そして、そのためには、長期展望で固定費を計算し、つねに効率的な稼動や最良の状態に保つための維持を考えていかなければ、なりません。

会社の宝は2倍、3倍の仕事をする従業員 − 労働効率アップ

 会社のもうひとつの資源、ヒトを考えてみましょう。いまの時代、ヒトは正社員だけではありません。多くの会社では、正社員だけではなく、契約社員や派遣スタッフ、パート、アルバイトも使っています。

 忙しいときだけ使う短期のアルバイトであれば、アルバイトの給与は変動費になりますが、繁盛期は社員やパートでは人手が足りず、いつもアルバイトが必要になっているとすれば、どうでしょうか。負担しなければいけない企業のコストとして考えなければいけません。当然、固定費になります。季節労働者の人件費も固定費です。

 給与は、基本的に時間いくら払うかという時給計算をしていますから、固定費です。要するに、社員やパートなどは契約形態が違うだけで、すべての給与は固定費になるということです。

 人件費がすべて固定費だと考えると簡単です。ヒトもモノと同じく使い倒すことです。勤務時間内に給与の2倍、3倍の仕事をする従業員がいればいるほど、高稼働になります。

 成果主義の賃金体系になっていなければ、同期入社で5年選手の3人がいたとすると、Aさんの2倍働くBさん、Aさんの3倍働くCさんも、Aさんと給与は同じです。

 9時〜5時の勤務時間中にきちんと仕事して、5時になるとすぐ帰宅するBさんも悪くありませんが、残業や早朝出勤もいとわないで、質の高い仕事をするCさんは会社の宝です。絶対利益を出すためには、Cさんのような従業員が必要だからです。逆にダラダラと仕事をしていて、残業してもBさんやCさんに追いつかないAさんのような従業員が多ければ多いほど、会社の首を絞め、赤字がどんどん増えていきます。



経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドッドインフォ
株式会社エースコンサルティング
〒104-0028 東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL: 03-3516-8942 FAX: 03-3516-8945
お問い合わせはこちら  >> ace@supercostdown.info
URL http://www.supercostdown.info/