経費削減 コストダウン コスト削減
経費削減 コストダウン コスト削減

TOP
コストダウン論
経費削減事例方法
提案メール
 コストダウンニュース
経費削減セミナー
コンサルティング
企業再生コンサルティング
推薦書籍
相互リンク募集中
緑の葉っぱ 経費削減 コストダウン コスト削減
 山田咲道とは…
ごあいさつ
プロフィール
エース会計事務所 公認会計士・税理士 会社設立道場 東京都中央区
会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 東京都中央区
  経費削減 コストダウン論

Google
サイト内検索
Web http://www.supercostdown.info

‥‥‥15 黒字の会社は皆を幸せにする

黒字企業は“正の循環”をしている

 私が最近一番驚いたのは、日産自動車は中古車市場まで価値が上がったということ。これがわかったのは、実家に帰ったときに弟がクルマを買い換えていたからです。

「すごいクルマになったじゃぁないか」
「日産のスカイラインを新車にしたんだ」
「えっ? いくらで?」
「お金、出してないよ。スカイラインが高く売れたから」

 つまりは、日産自動車が絶好調だから、中古車価格も上がり、高く売れようになっているのです。日産車を持っている人たちが次に買い換えをするときに、あまりお金払わなくても、チェンジできるというメリットが生まれているわけです。これはすごい経済効果だといえます。

 日産自動車の企業価値が上がることによって、社員、その家族が幸せになっています。加えて販売会社や関連の部品工場の社員やその家族、さらには日産車のユーザーまでも幸せにしているのです。要するに、しっかりした黒字経営をしている会社は、その“正の循環”をすることによって、関係する人たちをみんな幸せにしているのです。

日産の社員が幸せな理由

 巨額の負債の返済期限を控え、資金繰りのめどが立たなかった日産自動車は仏ルノーに救済を求め、99年3月に資本提携を結びました。同年6月に副社長のカルロスゴーン氏を再建請負人として送り込み、日産自動車のCOO(最高執行責任者)に就任。4カ月間で、「日産リバイバルプラン」をまとめ、人員削減、工場の閉鎖、コストの削減などリストラを実行しました。

 99年〜2000年でリストラの目標を達成し、2001年からはデザイン性を強く出した効果が出て、成長しはじめました。新車の販売が上向きになったのです。そして、2001年3月期では黒字に転換。その後も黒字を続け、優良企業へと変身しました。

 それでは、社員がどう幸せになったことを考えてみましょう。第一に給与です。自動車業界は労働組合が強く、横並びだったのですが、2002月3月の春闘で、V字回復した日産自動車はベアでトヨタ自動車よりも400円多い1,000円で回答。2003月3月ではベアゼロだったトヨタ、ホンダに対し、同じく1,000円で回答しました。

 第二に精神面での幸せです。社員が同窓会に久しぶりに出たときに、カルロスゴーン社長が就任する前の赤字が続き、倒産寸前だった1999年だと、こうなるのではないでしょうか?

「久しぶりだな。お前、どこに勤めているんだ?」
「日産自動車だよ」
「ああ、潰れそうな会社か〜。頑張れよ」

 こういわれるのは、誰でもプライドが傷つきます。
それが今ならば、みんなに次のようにいわれるはずです。

「絶好調の。いい会社に勤めていたんだなぁ」

 そうなると、日産自動車の社員という自信と誇りが大きくなります。

 2003年8月にはゴーン社長が、Jリーグ1部の前期決勝戦の横浜国際総合競技場にたくさんの社員を招待、横浜F・マリノスが優勝を決めました。そもそも儲かっていなければ、企業スポーツは続けられませんし、社員を招待することは不可能です。横浜F・マリノスは、横浜マリノスが横浜フリューゲルスを吸収合併して再生されたもので、全日空、佐藤工業が悪化のために手を引いたあと、日産自動車に任されました。

 当時、日産自動車は赤字だったわけですが、ゴーン社長は企業スポーツを続ける意義をわかっていていたため、簡単には切りませんでした。スポーツの応援を通じて、社員とサポーターが一体になれること、良い成績を出せれば社員のヤル気を高められたり、ブランド力を高められることなどを、ゴーン社長はわかっていたのです。

赤字企業は“負の循環”に入っている

 赤字会社は、“負の循環”に入っていって、みんなが不幸になります。幹部社員は、「儲けるため」の早朝会議や、深夜までの会議にかり出されて、睡眠時間がなくなります。従業員は残業や休日出勤などの諸手当で会社と揉めはじめます。

 優秀な社員は、それを見て退職していきますから、残った社員にしわ寄せが来ます。ヤル気が落ちて、外注を含めてストレスがたまり、会社の文句をいうために、数人で居酒屋で飲むようになります。ストレス解消のために、ムダなお金を使っているわけです。

 社員は山積みの仕事をこなそうと、一生懸命働いてもサービス残業となって、給料は一銭も増えないうえ、家族からは帰宅が遅いと文句をいわれたり、心配されたりします。過酷な労働は、精神にも体にも負担をかけますから、最悪、突然死にいたるのも、考えられないことではありません。そうなると、残された家族は悲惨です。

 よく考えてみれば、たとえば1,000万円しか儲からない会社で給料が1,000万円の幹部社員が2人いたら、どうあがいても儲かるわけがありません。その人たちを社長がリストラしなかったら、彼らがどんなに残業して働いても、黒字には転換できません。社長が金策に走ったり、住宅を抵当に入れて借入れをしたりしても、その場しのぎに過ぎないのです。

 社長をはじめ、みんなが頑張っても、根本的な解決をしなければ好転しません。だから不幸なのです。先に触れた日産自動車はゴーン社長が思い切った大なたを振るい、リストラを実行したことで黒字になり、みんなが幸せになったことと比較すると、その違いは大きいといえます。

参考 カルロスゴーン氏に関する書籍



経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドッドインフォ
株式会社エースコンサルティング
〒104-0028 東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL: 03-3516-8942 FAX: 03-3516-8945
お問い合わせはこちら  >> ace@supercostdown.info
URL http://www.supercostdown.info/